プログラミング関連の情報が2014~2015あたりで止まってる気がする説

完全に思いつきですが、これに関して少し考察してみた。

Continue reading “プログラミング関連の情報が2014~2015あたりで止まってる気がする説”

エンジニアとして毎年やっていること

私が、毎年エンジニアとして、個人目標に掲げてあることは以下の5つである。 新しいプロダクトを開発すること 新しい言語を学ぶ 新しいフレームワークを学ぶこと オープンソースプロダクトを作ること 技術的なアウトプットをすること アウトプットは一番簡単で、1つでも何かアウトプットすれば良い。例えばこのブログである。今年から、再びvpsでブログ運用しているので、お金が?続く限り、ここに蓄積されていく予定である。 新しい技術に興味をもつ、新しい技術を試してみる、新しい技術に慣れる(そして古くなる)、の順にどんどん人は減っていく。慣れるまでは意外と難しい。が、試すことはできる。手を動かした段階で、人より先を行くことができる。いろいろ試してみよう。 また、何かしらオープンソースでプロダクトを作ってみるというのも毎年やっている。 全然、流行ったり使われたりするわけではないか、考える感覚を落とさないためのトレーニングのようなもの。実際に何かを実装するとかにこういう経験があるないでは、判断に差が出て来る。 プロダクトづくりは、一発狙いである(当たったことはない) 。何か作っている時は楽しいので、趣味の一環。

私が、毎年エンジニアとして、個人目標に掲げてあることは以下の5つである。

  • 新しいプロダクトを開発すること
  • 新しい言語を学ぶ
  • 新しいフレームワークを学ぶこと
  • オープンソースプロダクトを作ること
  • 技術的なアウトプットをすること

アウトプットは一番簡単で、1つでも何かアウトプットすれば良い。例えばこのブログである。今年から、再びvpsでブログ運用しているので、お金が?続く限り、ここに蓄積されていく予定である。

新しい技術に興味をもつ、新しい技術を試してみる、新しい技術に慣れる(そして古くなる)、の順にどんどん人は減っていく。慣れるまでは意外と難しい。が、試すことはできる。手を動かした段階で、人より先を行くことができる。いろいろ試してみよう。

また、何かしらオープンソースでプロダクトを作ってみるというのも毎年やっている。

全然、流行ったり使われたりするわけではないか、考える感覚を落とさないためのトレーニングのようなもの。実際に何かを実装するとかにこういう経験があるないでは、判断に差が出て来る。

プロダクトづくりは、一発狙いである(当たったことはない) 。何か作っている時は楽しいので、趣味の一環。

たまに病院に行くのも悪くない

たまに病院に行くのも悪くないな、と思った。

なんか悪いところがあると、不安になって、将来どうなるんだろうとか、生きられるだろうか、とか考えてしまうけど、病院に行って相談すると、自分にとっては新しい問題でもすでに解決済みの問題であるかのようにポンポンと回答を得られるのでいいと思う。

病気の相談にも、StackOverFlowみたいに簡単に解決できるソリューションがあるといいなと思った。現状の医療相談サービスは、結局のところ医者に行けという一言に尽きる回答が多い。かと行って一般ホームページに載っている情報は、ほぼアフィリエイトかデタラメである。 おそらく、相談者が欲しい情報は、ある程度評価された、ベストプラクティスなので、それを知った後、どの医者に行くかどうかは本人が自分で判断できる。インターネットで病院の情報は得ることができる。

これは医者サイドにとっても悪いことではない。なぜなら、患者は自分の症状について、どういう治療を受ければいいか知っている。医者としては、そのニーズにあった医者と判断されたわけだから、自信を持って技術提供すれば良い。完全にwin-winである。そして何より、医者に行くことで情報の正当性を確かめることができるので便利。

これによって、デタラメな情報によって、悲しい思いをする人が減るんじゃないかと思うんですが、どうなんですかねぇ。

 

Blogging Automation with Wercker

TLDR;

I automated blogging with Wercker.

What is Wercker?

Wercker is web service for continuous integration. It is based on “pipeline” and you can combine multiple “pipeline” together, like “build” -> “test” -> “release”.
Wercker can connect with github and bitbucket, and also supports private repositories.
Wercker is basically free.

How it works

All I do is push code to github. I have develop branch, and once I push to the branch, wercker automatically polls it, and starts build and deploy.

DRY

I had been doing deploy manually. It’s painful. My blogging tool is Jekyll.
Jekyll needs terminal, and it means I need to do with my laptop. It’s OK when I am writing blog posts. But when I need to fix typos or something like that directly on github, even though I can do this on my mobile phone or tablet, I cannot deploy it. Unless I go home, or come to office, I was not able to update blog.

Now that pushing code invokes deployment process, I am updating blog more frequently than before.