jekyll linkedlist

jekyllでブログを運用し始めて、海外のブロガーがやっているようなリンクリストというかTumblrのリンクシェアのようなものを自前でやってみたくなったので、試してみた。

ちなみに事例としては

を参考にしております(スポンサーが付くように頑張りたい)。

同じようなことを考えている人はいるらしく、

こちらや、上記2つのブログのrssの吐き出し方を研究しつつ、xmlを形成してみた。

ちなみにrssはこちらから登録できます(Please subscribe!! :))。

具体的にやったことは

  1. rakeの自動処理を修正
  2. yamlのfront matterで変数を格納
  3. liquidの勉強(reference読み)
  4. rssのxmlをvalidate

rakeの自動処理を修正 && yamlのfront matterで変数を格納

jekyll_bootstrapを使っている場合、Rakefileのtaskで:postというtaskが定義されているのでその部分でyamlのfront matterに変数を格納してしまう。

liquidの勉強

liquidというテンプレートを扱う言語(適当な説明)があるのでそれの使い方を軽く勉強する。

###rssのxmlをvalidateする。
自前でrssを用意したことがなかったことを思い出し、改めて形式を今更ながら確認した。
atomとrss2.0の違いが分かった気がする。validatorはw3cのvalidatorを使用。

NPO法人NEWVERY山本繁のパーソナル・ブログ : 【ショートコラム】一生食べ続けられるフリーランスの条件

NPO法人NEWVERY山本繁のパーソナル・ブログ : 【ショートコラム】一生食べ続けられるフリーランスの条件

4. まともに英語ができないならば、身につけること。

 わたし自身がアメリカ人だし英語が母語なので、これを挙げるのはあまり気乗りがしませんでした。これを言うと文化帝国主義と思われるんじゃないかと思ったからです。しかし英語以外を母語とする数名から、英語はハッカー文化やインターネットでの作業用言語なんだということ、ハッカーコミュニティーで役に立つには英語を知らないとダメだということを指摘するように言われたのです。

 これはまったくその通りです。1991 年頃、母語が一緒でも英語を第一外国語として身に着けている多くのハッカーたちは、技術的な議論をするときに英語を使うというのを知りました。そのとき教わったのは、英語は技術用語がほかの言語よりも豊富で、だから英語のほうがとにかくこの仕事に向いているのだということです。同様な理由で、英語で書かれた技術書を訳した場合、多くは不満足な出来になります(そもそも訳されるかどうかもわかりませんし)(訳注:もちろん山形浩生を初めとする一部の日本語訳は例外である。)

 フィンランド人であるリーヌス・トーヴァルズは自分の書くコードのコメントを英語で書きます (どうやら英語以外で書こうなんて考えたこともないようです)。彼の流暢な英語は、Linux の開発者の世界的なコミュニティをリクルートしてくるにあたっての、とっても大事な要因でした。見習う価値のある先例といえましょう。

 英語が母語だからといって、ハッカーとしてやっていけるだけの言語能力を持つという保証はありません。作文がボロボロで、文法まちがいだらけで、スペルミスだらけなら、多くのハッカー(わたしを含め)はその人を無視しがちです。書き方がへぼいからといって、思考がヘボいとは限りませんが、一般にその相関はかなり高いことがわかっています――そしてハッカーたちはヘボい思考なんかに用はありません。まともな文が書けないなら、書けるように勉強しましょう。

Jekyll導入記

Octopress3.0を使いましょう。

2016/11/27追記

今なら、Octopress3.0を使い始めるのが良いです。
あといろいろ代替手段も出揃ってきてるので、GoのHugoとか、試してみてください。

rubyの環境作成

手順:

rbenv init
rbenv install 1.9.3-p385
rbenv rehash
rbenv local 1.9.3-p385

rbenv の使い方は謎。勘で使ってます。というかruby自体よくわかってないので、勘で使ってます。

2016/11/27 追記: 最近は、もっぱらrvm使っていて、ruby, railsもそこそこ使い慣れてますね。(自称)

jekyll

  • jekyllのインストール
gem install jekyll

簡単にブログサイトを作成する

Github Pageにデプロイしよう!

local:

jekyll --server --auto

production:

git add .
git commit -m "something like commit comments."
git push origin master

→ githubページっぽくなる

S3にデプロイしよう!

  • Amazon.comのCTOも使ってる!
  • S3でスタティックサイトを運用しよう。

ここを読みながらやる。

Octopressを使ってみよう

まだ使ってみてないです。