でも先日、アップされた数分後に宇多田ヒカルの新曲のニュースに気付いて速攻でYouTube見て、気に入ったのでそのままiTunes立ち上げてダウンロードしてiPodにぶち込み、翌朝8時には電車の中で聴いているという一連の流れを経験した時、CD・レコードパッケージ大好きな自分でも、もうこれがスタンダードになりつつあるのだなということを体で理解した。 もう小売も少なくとも今の形としては「どうやって生き残るか」じゃなくて「いつまでもつか」なんだよね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *